給食日記

今日の給食

12月2日(木)

・ご飯・牛乳・味噌風味薩摩揚げ・煮びたし・かきたま汁・みかん

★みかんは、愛媛県の特産品です。みかんにはビタミンCがたくさん含まれていて、中くらいのみかんを3個食べると1日分のビタミンCが摂れます。ビタミンCは血液をきれいにしたり、血管を強くしたり病気にかかりにくい体を作るはたらきがあります。

12月1日(水)

・中華丼・牛乳・シューマイ・炒めバンサンスー

★今日から12月です。気温が下がり、体調を崩しやすくなる季節です。栄養バランスの良い食事をしっかり摂り、病気になりにくい丈夫な体をつくりましょう。

11月29日(月)

・コッペパン・牛乳・芋いもグラタン・ブロッコリーの塩ゆで・ジュリアンスープ

★ジュリアンとは、フランス語で「女性の髪のように細い」という意味で、野菜を全て細く千切りにしたスープのことです。材料が千切りなので、火の通りがよく、出来上がりが早いのが特徴です。

11月26日(金)

・コッペパン・牛乳・秋刀魚のアップルソース・ふかし芋・白菜スープ

★さつまいもは、米やパンと同じ黄色の食べ物の仲間で、でんぷんがたくさんあります。さつまいもはビタミンCやビタミンB群の大切な供給源です。また、さつまいもは、食物繊維も多く含まれています。

11月25日(木)

・麦ごはん・牛乳・かりかりがんも・ほうれん草の煮びたし・みそ汁

★ほうれん草は、緑黄色野菜の代表です。カロテンを豊富に含みます。冬にとれたほうれん草は、夏に採れたものと比べると3倍もビタミンCを含んでいます。

11月24日(水)

・ご飯・牛乳・魚のもみじ焼き・白菜とえび天の煮びたし・芋の子汁・みかん

★今日は「和食の日」です。11が「いい」24が「にほんしょく」として、和食の日になりました。和食は、ユネスコ無形文化遺産に登録されており、食事バランスや季節の新鮮な食材を使うなど「日本の伝統的な食文化」が認められています。

11月22日(月)

・コッペパン・牛乳・豆腐ハンバーグ・ボイルキャベツ・コーンクリームスープ

★豆腐は、大豆をより消化しやすく、おいしく食べるために工夫された食品です。植物性のたんぱく質やカルシウムが豊富に含まれています。豆腐の脂質には、コレステロールが血管にたまるのを防ぐ効果があります。

11月19日(金)

・きのこご飯・牛乳・焼きししゃも・煮びたし・さつま汁・みかん

★さつま汁は、鹿児島県の郷土料理です。鶏肉や野菜を煮込んだ味噌汁のことです。本来は鶏の骨付きのぶつ切りや大根、にんじん、さつまいもなどを煮て味噌で煮込んだものをいうそうです。

11月18日(木)

・ごはん・牛乳・里芋団子・ブロッコリーのちりめんかけ・豆腐汁・味付けのり

★ブロッコリーは冬から春にかけてが旬です。普段食べているのは、花が咲く前の蕾の部分です。ブロッコリーはビタミンC、カロテン、食物繊維を多く含みます。西条や新居浜でもたくさん作られています。

 

11月17日(水)

・ごはん・牛乳・ぶりの照り焼き・ひじき入り甘酢炒め・大根の角煮

★ぶりの旬は冬です。脂が多いため、「アブラ」から「ブラ」となり、転じて「ブリ」となった、赤身がぶりぶりとしている様子からついた、など名前の由来はいくつかの説があります。ぶりは、出世魚としても有名です。